東京フルスロットル

英語と地理と歴史を駆使したコンテンツが好き。それとウェブサービスとゲスな話をゆとり新卒なりに書きます。

【バーグハンバーグに絡める】他己紹介の方が効果的な自己紹介になる仮説

f:id:esimplicitaes:20160605175423j:plain

えーっと、ただいまご紹介にあずかりましたー、あー、えー、

さて自己紹介って小っぱずかしくないですか?なんかこう、自分を紹介するんですね、簡単に言えば。

これのやっかいなところって個人のさじ加減によってはまったく自己紹介になっていないケースが発生する点ですね。

わかりやすいところだと、経歴をてんこ盛りにしちゃったりだとか、0→1ではないけど1→100くらいにご自身の豊かなご経験をかさ増しちゃったりだとか。反対に何も紹介していないに等しいほどコンテンツが少なかったり、含みが強すぎちゃったりするやつですね。(Cf. バーグハンバーグバーグの会社概要など)

せっかくなので引用してしまいましょう。

 

「アッパーカット できるだけ毎日 されたい」という検索でこちらに辿り着かれたみなさま、初めまして。 この株式会社バーグハンバーグバーグの代表をしておりますシモダと申します。

最初にみなさまには残念なことをお伝えしなければなりません。 それは、弊社はアッパーカットをできるだけ毎日お届けする事業を行なっていない会社だということです。(以下省略

出展:バーグハンバーグバーグ 会社概要ページ

http://bhb.co.jp/company

 

もちろん自己紹介なんててきとーにやるのもありでしょうし、本当に個人の自由です。けれど本人のバイアスとか意図とか見栄とかなしに、自分のことを第三者的に伝えないといけない時にどうしたらいいんだろうって思ったんですね。そんな状況存在しないってのは今回はご遠慮くださいなです。

 

なので、今回の問題は、いかに相手に等身大の自分を紹介すべきかというところ。

 

さっそくですが僕なりにひとつの答えがあるんですね。タイトルにもある通りです。思い切って他人を紹介しちゃえばいいってことです。

あらかじめ断っておくと、この場合の「他人」ってのは「自己」の対に位置するものですので、現実的には友人や仲の良い知人ってイメージです。

 

はい、そしたらなんで他人を紹介するのが自己紹介につながるって考えたのかというと、単純に「類友」の発想が根本にあります。類は友を呼ぶやつです。

よく言われるのが、自分の仲の良い友人の何人かを思い浮かべ、彼らをたし合わせてその人数で割ると自分が規定されるっておい!という一般論です。

これって結構妥当なんじゃないかなって思うことも多々あるんですね。だって、付き合っている人をみるとなんとなくその人の系統ってわかるじゃないですか?すごく地味な人がクラブ行きまくってるパリピと仲良くできるなんてそうそう聞かないですよ。有名人は有名人の知り合いや友人があるように、それぞれはそれぞれの付き合いとその人たちの「タチ」によってある程度わかるじゃないですか。なので今回はこの言説に説得力を強引に認めてしまいますねw

 

それと、自己紹介って半年とか1年に一回やるべきだと思うんですね。この場合の自己紹介ってのはいわゆる先ほど申し上げた「他己紹介」です。友人・知人を紹介してみるやつですね。リアルだろうと、紙であろうと、はてなブログでも構いません。とにかく紹介してみるべきだと思うんですね。

なぜかというと、1年くらい前にブログ書き始めてから、けっこう交友関係が変わってしまったなあって思うからです。それが新社会人になるっていう人生におけるエポックメイキングなタイミングだったってのもありますが。

交友関係の変化ってのは「類友論」を妥当とした場合、ともすると性格や立場が大きく変わっている可能性があるって考えられますね。高校生と大学生だと付き合う友人も様変わりするでしょうし、大学生が社会人に、独身が既婚者になったりってのはもっと顕著でしょう。付き合う人々が変われば立場や考え方も変わっている一方、立場や考え方が変われば多くの場合で交友関係も変化を見せているはずです。(薄っぺらいのは塩分です)

なので、自分が変化しているのか、それとも何も変化が起こっていないのか、自分の現在地を知るためにもですね、ここはひとつ定期的に「他己紹介」をしてみるべきだと思うんです。 たぶんエキセントリックにして衝撃的な自己啓発になると思うんです。

 

実は何がしたかったかというと、僕自身の自己紹介をしてみたくなったんですね。それだけなんですよ。でも自己紹介をするのはやっぱり恥ずかしいし、そもそも自己紹介のつもりがまったく自己を紹介できずに終わるのも辛いと思ったんです。

だから友達を匿名でぼんやり紹介すればきっと自分がどんなやつなのか伝わるんだべなって思ったんです。そんな感じでふと考えてみたら、やっぱり交友関係が1年前よりちょっと変わってて。

ハプニングバーに一緒に行く友達とか、ホスト引退して悠々自適やってる友達とか、結婚控えてる友達とか、夕日を追いかけて消息不明になってしまった友達とか。僕は青い鳥すら見つけられずにいるんですが、だからちょっとだけですね、考えてみたんです。

 

自己紹介したければ他己紹介してみるのもいい。けれど自分も他人もどう紹介するのかってのも結局自分次第なんですね。なので自分らしく他己紹介するのが一番OKってことやむなしです。

けれど思いました。バーグハンバーグバーグの会社概要ページには続きがあるんですね。

(中略)

現在は、事業モデルを一から見直し、2016年より「日本産のトキを絶滅させないビジネス」に参入することとなりましたが、すでに絶滅しておりました。 というわけで会社の先行きは真っ暗闇。私も含め、社員一同とても腹を減らしております。哀れだなと思われた方は是非「お金だけくれて労働は与えない」というお仕事を放り投げてもらえますと幸いです。

出展:バーグハンバーグバーグ 会社概要ページ

http://bhb.co.jp/company

 

思いませんか?こんな素晴らしい理念をお持ちの法人と友人になりてえ!って。